世田谷区後援  せたがや生涯現役ネットワークプロジェクト主催「世田谷をもっとよく知ろう」(第5回報告)

2017年11月22日

今年は、「緑の住宅街・成城を巡る」のテーマで実施された。事業主体は、世田谷区誌研究会と世田谷ウオーキングフォーラムである。

一般区民の方が対象で、今回の参加者は理事を含めて合計27名。地元の中川清史氏と松田 宏氏のお二人にご参加いただき、案内・説明など大変お世話になった。

◇実施日 平成29年11月8日

◇コース  13時集合~16時30分解散

成城学園前駅―成城大學―東宝スタジオー国分寺崖線―

喜多見不動堂―神明みつ池―旧山田家住宅―猪俣庭園―

成城学園前駅

成城大学正門

成城大学正門

駅前にて会長挨拶

駅前にて会長挨拶

成城大學校内

成城大學校内

 

 

 

 

 

 

国分寺崖線を下る

国分寺崖線を下る

喜多見不動堂

喜多見不動堂

旧山田家住宅

旧山田家住宅

 

 

 

 

 

 

猪俣庭園

猪俣庭園

東宝スタジオ前

東宝スタジオ前

世田谷区教育委員会後援・講演会のご報告

2017年7月29日

当日は、79名(うち一般の方7名)の方が参加されて、開催されましたのでご報告します。

日 時 平成29年7月12日(水)  午後1時30分~3時30分

会 場 三茶しゃれなあどホール  オリオン(5階)

(世田谷区民会館別館) 太子堂2-16-7 TEL3411-6636

講 師 今野慶信氏(新宿歴史博物館・学芸員)

演 題 中世江戸氏について

(講演要旨)

江戸時代初期、世田谷区喜多見に陣屋を構えた喜多見氏は、中世武蔵国の有力武士団 秩父平氏一族である江戸氏の末裔と言われている。

喜多見氏は、戦国時代から世田谷吉良氏の家臣「江戸氏」として登場してくるが、今回はその前段階である平安時代末期から鎌倉時代における鎌倉御家人としての動向と、多摩川下流域に活動を拡げていく南北朝時代における動向を中心にお話しを頂戴した。

平家物語長門本・義経物語巻三・太平記西源院本など参考資料も多く、江戸氏について知識を深めることができた。

 

kouen

世田谷区後援 バス見学会「佐野市、足利市、太田市方面を巡る」のご報告

2017年7月18日

  バス見学会の実施状況

「佐野市、足利市、太田市方面を巡る」

平成29年6月15日に実施したバス見学会について、下記の通り報告します。

当日、合計57名(うち一般11名)の参加をいただきました。

コース  佐野厄除け大師~足利学校(日本最古の学校)~鑁阿寺

~めん割烹・なか川(昼食・相田みつお=詩人・書家=ゆかりの店)~大光院ほか

_MG_0395② _MG_0403②  04佐野厄除け大師(田中正造翁の墓)

佐野厄除け大師東照宮 厄除け大師    厄除け大師田中正造墓

 

_MG_0419②  _MG_0427②  10足利学校跡(入徳門)

鑁阿寺太鼓橋と山門  鑁阿寺本堂正面    足利学校入德門

 

13足利学校跡(孔子廟)孔子像  _MG_0445②  19佐野・第一酒造

足利学校孔子座像     大光院      第一酒造

総会と世田谷区教育委員会後援講演会のご報告 

2017年5月19日

総会と世田谷区教育委員会後援の講演会のご報告をいたします

総会 平成29年5月19日(金)午後1時30分~2時00分

世田谷区太子堂2-16-7 TEL3411-6636

三茶しゃれなあどホール  (世田谷区民会館別館)  オリオン(5階)において会員46名が参加して総会が開かれました。

総会に引き続き午後2時30分~13時30分

高嶋修一氏(青山学院大学経済学部教授)により

土地整理がもたらした現代社会」と題して下記趣旨の講演会は46名の参加があって開かれました。

講演要旨

両大戦間期の都市化においては、鉄道会社による開発の重要性がよく強調される。しかし近郊農村は無人の荒野だったわけではなく、そこには在来の地域社会秩序と人々の暮らしがあった。そして人々は鉄道会社の進出を拱手して見ていた訳ではなく、自らも開発利益を得ようと積極的な動きをみせた。その手段が、土地整理(耕地整理/土地区画整理)だったのである。

土地整理の結果、在来の人々が農業を止めて貸家経営を行うようになったり、整理後の土地にサラリーマンなど「新中産階級」と呼ばれた人々が流入したりしてくれば、従来の社会秩序は変容を余儀なくされる。それは明治期に形成された「近代社会」から、「現代社会」への変化とも総括され得るものであり、土地整理は近郊農村にとって重要な歴史的意義をもつ出来事であった。

今回は、とりわけ世田谷区域で行われた玉川全円耕地整理事業に注目し、事業がいかなる意味で地域社会を「現代」化させたのかを論じることとする。

資料代   会員500円 、一般700円

当日の様子

会長挨拶の様子

IMG_0487-2

 

熱心に講演をする高嶋修一講師

IMG_0520

 

会場の様子

IMG_0490-2

世田谷区後援 史跡散歩「渋谷・目黒・世田谷の区境を歩く」ご報告

2017年3月22日

平成29年3月22日(水) 世田谷区後援の史跡散歩 区界散策『花合い春行』と銘打っての史跡散策会が70名うち会員57名一般参加者23名下で行われました。前日東京では雨天の中で桜の開花宣言がありましたが、当日は晴天に恵まれたものの界隈の桜は未だ蕾の状態でした。

集合場所の東急東横線 代官山駅 中央改札口 を午後1時に出発して約5㎞のコースを歩き午後4時解散しました。

コース:代官山駅-猿楽塚(猿楽神社)-旧朝倉家住宅-地蔵尊―目黒元富士跡―目切坂-郷さくら美術館-北野神社-西郷山公園―菅刈公園-目黒天空庭園

参加費は会員500円でした

代官山駅前に集合     猿楽塚(猿楽神社)

    _MG_0219-3

旧朝倉家住宅の見学    地蔵尊

    

目黒本富士跡から目切坂へ 桜美術館を見学

    06郷さくら美術館

北野神社へ        西郷山での参加者

08北野神社    _MG_0255-3

菅刈公園にて       最後の天空公園の展望

_MG_0258-3    11目黒天空庭園

 (世田谷区教育委員会後援)  講演会のご報告

2017年3月10日

世田谷区教育委員会後援の講演会が参加者97名(会員参加者80名、一般参加者17名)の下で開催されましたのでご報告します。

日  時   平成29年3月6日(月) 午後1時30分~3時30分

会  場  三茶しゃれなあど(世田谷区民会館別館) オリオン(5階)

講  師  安藤優一郎氏 (歴史家・文学博士)

演  題   参勤交代の真実

講演要旨

長い大名行列に象徴される参勤交代は、時代劇や時代小説でも良く取り上げられる題材だが、その実態はほとんど知られていない。本講演では、道中で起きた様々な事件を通して、参勤交代の実像と虚像を解き明かしていただく。

以下講演会の様子

受付の様子         熱心に講義をする安藤講師

     

以下会場の様子

     

     

世田谷区後援 史跡散歩「駒沢・深沢周辺を歩く」のご報告

2016年12月1日

 

世田谷区後援

史跡散歩「駒澤・深沢周辺を歩く」が46名(内一般参加者6名)の参加によって行われましたのでご報告します。

1. 実施日 平成28年12月1日(木)

2. 集合場所 東急電鉄・田園都市線駒沢大学駅改札口

3.  集合時間  午後12時45分集合 (午後1時00分出発)

4. コース  (駒沢大学駅)―駒澤大学禅文化歴史博物館―東京オリンピックギャラリ(駒沢公園)―駒澤大学深沢キャンパス(秋季公開)―都立園芸高校

5. 参加費  会員300円、一般500円(傷害保険料を含む)

史跡散歩の様子

駒澤大学駅集合の様子    住宅地を駒澤大学に向かう

     

途中ゴルフ場跡で新川会長挨拶 駒澤大学本部棟に入る

     

同大学職員の説明の様子 禅文化歴史博物館見学の様子

     

落葉の駒沢公園内を行く  東京オリンピックメモリアルギャラリーにて

     

駒澤大学深沢キャンパス庭園見学の様子

     

都立園芸高校に向かう途中と同校内イチョウ並木

     

同校の先生から校内の詳し説明していただいた

西洋庭園          兎々呂城址石碑

    

昭和天皇(当時は皇太子)  三代将軍家光の松

お手植えの松

    

バラ園を見学       見学を終わって最後の説明

    

 

 

 

 

 

世田谷区教育委員会後援 「学校建築から見た世田谷の教育事情」講演会報告

2016年11月24日

 

平成28年11月24日(木) 午後1時30分~3時45分   北沢タウンホール(北沢区民会館) 第一・第二集会室(2階)に於いて下記講演会が開催されました。当日は昭和37年以来54年ぶりの早い初雪に見舞われたために足元の悪い中26名が聴講に集まった。

 

演  題 「 学校建築から見た世田谷の教育事情」

講  師  濵中正之氏 (生涯大学専任講師・世田谷区誌研究会顧問)

講演要旨

戦後、中学校の建設を進める力はまだ自治体になく、校舎不足は2部授業など、児童生徒の学習に大きく影響していた。東京オリンピックを過ぎるころから、鉄筋コンクリート造の校舎が建設され始める。その校舎の耐用年限が近づき、学校改築が焦眉の急となる。その時期に重なって、「総合的な学習」の導入が論議される。

その新しい学習を可能とする学校の改築が始まり、オープンスペースを持つ校舎が建設される。その校舎でどのような特徴を持つ教育が行われているのであろうか。

我々の世代の教育との違いを見ていく。

当日の模様

阿部理事による講師紹介    新川会長挨拶

     

パワーポイントによる講演会の様子

     

 

世田谷区後援 「世田谷をもっとよく知ろう」第4回散策会のご報告

2016年11月4日

世田谷区の後援のもとに世田谷生涯現役ネットワークプロジェクトが主催して世田谷区誌研究会と世田谷ウオーキングフォーラムが実行する「世田谷をもっとよく知ろう」の第4回散策会がおこなわれました。

この企画は世田谷生涯現役ネットワークプロジェクトの活動の一つとして年1回世田谷区誌研究会が企画して世田谷ウオーキングフォーラムと共に一般の方を対象に参加を募集してご案内するものでありますが今回は60名の募集に対して32名が参加しました。

実施日  平成28年11月4日(金曜日)

集合場所 東急大井町線 等々力駅改札口

参加費  500円(資料代・傷害保険料・五島美術館庭園入園料)

散策予定コース 等々力渓谷―等々力不動―御岳山古墳―真言宗智山派「善養寺」―六所神社―野毛大塚古墳―五島美術館庭園―二子玉川駅   (歩行距離約5キロ)

等々力渓谷入口で会長挨拶  等々力渓谷を歩く参加者

     

等々力渓谷を歩く様子     不動滝で濵中顧問の説明

     

等々力不動本堂前の様子   御岳山古墳で濵中講師の説明

     

善養寺で住職の説明     野毛六所神社での見学の様子

     

濵中顧問の説明を聞く様子

野毛大塚古墳       五島美術館庭園

     

 

世田谷区後援 「彩の国の秋でまた新しい発見の旅」バス見学会報告

2016年10月28日

初秋とは思えない暑い秋晴れの一日でしたが、「彩の国の秋で また新しい歴史の発見」と銘打って秋のバス見学会が72名(内一般参加者17名)の参加のもとで行われましたのでご報告します。

平成28年10月26日(水) 午前7時30分集合場所の  世田谷区役所 第3庁舎前を2台の大型バスで出発。

世田谷区役所~片倉シルク記念館~国宝 妻沼聖天山~千代枡(昼食・縁結び定食)~渋沢栄一記念館~渋沢栄一「中の家」~誠之堂・清風亭~「丸山酒造見学・深谷の蔵元」~世田谷区役所

現地ガイドさんの熱心な案内による若干の遅れと、交通事情により最後に立ち寄りを予定していた道の駅でのショッピングを中止して区役所前に戻ったのが午後8時頃でした。

参加費 は  会員8,000円 一般8,500円(昼食代・入館料・傷害保険料を含む)

当日の模様

世田谷区役所前に集合    内山副会長挨拶

     

片倉シルク記念館      同記念館内見学の様子

     

妻沼聖天山バランティアガイドによる説明

貴惣門前         本殿の見事な彫刻

     

同本堂前          隣接の料亭千代桝で昼食

     

渋沢栄一記念館       同見学の様子

     

 

清風亭           清風亭の内部

     

誠之堂の見学風景      渋沢栄一の生家・中の家

     

同じく説明の様子       丸山酒造で試飲と買い物

     

 

渋沢栄一氏の銅像前での集合写真(渋沢栄一記念館に於いて)