世田谷区後援 史跡散歩~「武蔵野春緑・み仏おはす深大寺」の報告

コース 深大寺城跡(水生植物園内) -深大寺 -国立天文台

・実施日 平成30年3月29日(木)・

・参加者  合計71名(会員45名、一般26名)

午後12時45分、京王線調布駅の1階広場に集合。

当初、国立天文台から回る予定であったが、深大寺見学時間との関係で、深大寺城跡・深大寺・国立天文台と逆に回ることになった。

路線バスに分乗して、まず水生植物園内にある深大寺城跡へ。城は、第一廓から第三廓に分かれているが、現状から当時の面影を想像するのは難しい。しかし当会濵中顧問から説明を頂き理解を深めることができた。

次いで深大寺では、5班に分かれて、調布市観光協会のガイドさんにお世話になる。平成29年に国宝に指定された「銅造釈迦如来倚像=白鳳仏」をはじめとして、本堂・元三大師堂・鐘楼など寺内のポイントを回りいろいろお話を聞く。

その後歩いて国立天文台へ。2班に分かれて見学。第一赤道儀室は、三鷹の中では一番古い建物とかで、口径20cmの屈折望遠鏡を見学。天文台歴史館では、日本最大の屈折望遠鏡(後継65cm) などなど、技術者の方から専門的に、しかしユーモアを交えた説明を頂戴した。

そして4時半過ぎに現地解散となった。

深大寺城跡

深大寺城跡

深大寺境内

深大寺境内

深大寺本堂

深大寺本堂

国立天文台第一赤道儀室

国立天文台第一赤道儀室

コメントは受け付けていません。