世田谷区教育委員会後援 講演会の報告

日 時  平成29年11月29日(水)  午後1時30分~3時30分

会 場  三茶しゃれなあどホール  オリオン(5階)

演 題  幕末・維新の世田谷

講 師  濱中正之氏(生涯大学専任講師・当会顧問)

参加者 71名(内一般の方5名)

 

古い日本から新しい日本へと変革する時期を、「西欧との出会い」「アヘン戦争」「雄藩の改革」「ペリー(黒船)来航」「日本の開国」「幕府の崩壊と新政府の樹立」と六項目に分けて、世田谷との関連でお話を頂戴した。

その一部です。

1850(嘉永3)年11月21日に、井伊直弼が13代彦根藩主となる。その3年後の1853 (嘉永6)年6月3日、ペリー艦隊4隻が浦賀に来航。

その翌日4日には、外輪式蒸気フリゲート艦ミシシッピー号援護の下、測量船が江戸湾内に入る。羽田沖12丁(約1.3㎞)まで侵入。日本との軍事力の格差を認識した幕閣は、6月5日米国の国書受取りを決断し、9日には久里浜で国書を受領。彦根藩2300人・川越藩360人、会津・忍は番船を出して警護にあたる。

さらに同日午後には、ペリー艦隊が江戸湾に侵入し水路測量を行う。世田谷領から人足1,980人、馬396匹が動員される。

世田谷への影響

1853年8月 質素倹約の儀 異国船渡来に付莫大の物入あるに付わきまえるの事

9月 品川沖に台場築立工事開始。明俵70俵を太子堂村より差出す。

11月 井伊藩、羽田・大森周辺の台場の警備を命じられる。

翌1854 (嘉永7・安政元)年1月にペリーが再来航した時には、急送の人足168人、駄馬30匹、名主世話人7人が世田谷井伊領20ヶ村に割り当てられた。このほか神奈川御出馬御用として人足509人、馬36匹。

さらに、上目黒村の御鷹場役所からも御兵糧方人足の供出を命じてきた。「井伊領の村々は、15歳から60歳までの者を残らず差出しても、なお足りなく、一部は雇上げまでしなくてはならない有様で、これ以上の人足割賦を受けることは死活問題である」と御鷹場役所に免除方の嘆願書を出している。

受付

受付

会長挨拶

会長挨拶

 

 

 

 

 

 

講義

講義

講義

講義

コメントは受け付けていません。