総会と世田谷区教育委員会後援の講演会のご報告

総会と世田谷区教育委員会後援の講演会が開催されましたのでご報告します。

日  時  5月21日(水)

会  場  世田谷区民会館別館(三茶しゃれなあど) 5階会議室(オリオン)

総会は会員58名参加の下午後1時30分より会員のみにて行い平成25年度活動報告・会計報告と平成26年度活動計画・予算案は原案通り可決承認されました。

横山会長が健康上の理由によって退任届けが出されたため後任に新川副会長が会長に選任されました。

これと同時に会計の内山理事と見学担当の奥野理事が副会長に就任しました。

これに伴って会計は内山理事に代わって市川理事と中井理事が、総務を市川理事に代わって高木理事が担当することになりました。

引き続き午後2時30分から一般参加の方を含め61名が参加して講演会が開催されました。

演  題  高幡不動胎内文書と関東南北朝の動乱

講  師  大庭光治氏(世田谷区誌研究会 元副会長)

大庭講師には平成20年4月に見学会で、又同年6月には講演会の講師として講演をいただいて以来6年ぶりの講演会でした。

とても89歳とは思えないかくしゃくとしたご様子での講演会でした。

当日の写真を掲載します。

会場受付の様子         新川副会長総会開会挨拶

      

総務市川理事の活動報告       内山理事の会計報告

      

監査報告をする中村監査      総会の様子

     

就任挨拶をする新川新会長    大庭講師を紹介する内山新副会長

      

講演中の大庭講師                                 熱心に講演を聞く参加者

       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。