2018年5月26日 のアーカイブ

総会と世田谷区教育委員会後援・講演会のご報告

2018年5月26日 土曜日

日 時 平成30年5月16日(水)

会 場 烏山区民会館 3階集会室

〇総 会 午後1時30分~2時10分
平成29年度事業報告・会計報告・監査報告と、30年度事業計画・会計予算を原案通りご承認いただく。
役員の2年毎の改選期に当たり、会則に基づき新川会長の再任が承認されました。
新役員の紹介があって、総会を終了。

〇講演会 2時30分~3時30分
講 師:下山 照夫氏(当会名誉会長)
参加者 61名
(講演要旨)
キリスト教の伝来は、天文十八年(1549)に、イエズス会士フランシスコ・ザビエルが鹿児島に上陸し、布教したことに始まる。
その後天正七年(1579)に来日した巡察師ヴァリニャーノは、日本の風土・人情・習俗などを研究して、神学校・学院・修道院などを建設して布教活動を進めた。結果二百の教会堂と十五万人の信者を数えるまでに発展したという。布教の根本は、恵まれない大衆に多大の奉仕と慈善を施すことにあった。
しかしキリシタンの進展を危惧した豊臣秀吉そして徳川家康は、キリシタン禁令を発布した。江戸幕府が恐れたのは、キリスト教の繁栄である。そこで幕府は、キリスト信者でない証として万人を寺院の檀信徒に強制した。これが寺請制度であり、宗門人別帳である。                以上

当日の様子

総会・奥野副会長挨拶と新役員の紹介

総会・奥野副会長挨拶と新役員の紹介

講演会・講師下山名誉会長

講演会・講師下山名誉会長

総会・奥野副会長挨拶と新役員の紹介等

 

 

 

 

 

会場内

会場内

古文書の説明

古文書の説明

会場内・古文書の説明

 

 

 

 

古文書を見る

古文書を見る

質問

質問