2018年5月26日 のアーカイブ

総会と世田谷区教育委員会後援・講演会のご報告

2018年5月26日 土曜日

日 時 平成30年5月16日(水)

会 場 烏山区民会館 3階集会室

〇総 会 午後1時30分~2時10分
平成29年度事業報告・会計報告・監査報告と、30年度事業計画・会計予算を原案通りご承認いただく。
役員の2年毎の改選期に当たり、会則に基づき新川会長の再任が承認されました。
新役員の紹介があって、総会を終了。

〇講演会 2時30分~3時30分
講 師:下山 照夫氏(当会名誉会長)
参加者 61名
(講演要旨)
キリスト教の伝来は、天文十八年(1549)に、イエズス会士フランシスコ・ザビエルが鹿児島に上陸し、布教したことに始まる。
その後天正七年(1579)に来日した巡察師ヴァリニャーノは、日本の風土・人情・習俗などを研究して、神学校・学院・修道院などを建設して布教活動を進めた。結果二百の教会堂と十五万人の信者を数えるまでに発展したという。布教の根本は、恵まれない大衆に多大の奉仕と慈善を施すことにあった。
しかしキリシタンの進展を危惧した豊臣秀吉そして徳川家康は、キリシタン禁令を発布した。江戸幕府が恐れたのは、キリスト教の繁栄である。そこで幕府は、キリスト信者でない証として万人を寺院の檀信徒に強制した。これが寺請制度であり、宗門人別帳である。                以上

当日の様子

総会・奥野副会長挨拶と新役員の紹介

総会・奥野副会長挨拶と新役員の紹介

講演会・講師下山名誉会長

講演会・講師下山名誉会長

総会・奥野副会長挨拶と新役員の紹介等

 

 

 

 

 

会場内

会場内

古文書の説明

古文書の説明

会場内・古文書の説明

 

 

 

 

古文書を見る

古文書を見る

質問

質問

 

 

 

世田谷区教育委員会後援 講演会のご案内

2018年5月26日 土曜日

日 時 平成30年7月18日(水)  午後1時30分~3時30分予定

会 場 三茶しゃれなあどホール  オリオン(5階)

(世田谷区民会館別館) 太子堂2-16-7 TEL3411-6636

(交通)田園都市線・世田谷線三軒茶屋駅下車、徒歩3分

演 題 江戸の天下祭り

講 師 濱中正之氏(生涯大学専任講師・当会顧問)

講演要旨

『江戸の天下祭り』は江戸城内に祭礼の行列が繰り込み、将軍の上覧を許された「神田明神の祭礼」と「山王日枝神社の祭礼」をいいます。
両祭礼は隔年に行われ、およそ日本橋川を境に北側が神田明神の氏子町、南側が山王日枝神社の氏子町といわれています。
江戸時代には、どちらの祭礼も神輿に、各氏子町の「出し」(山車)・「練り物」(音曲・踊りの行列)が加わり、盛大に行われました。
また、氏子町でない町も「附け祭」という形で参加しています。この「附け祭」は、江戸城大奥からの要望で、最新流行の演劇・踊りなどを題材とした「曳き舞台」「練り物」が出されました。各町の企画を江戸の町を仕切る町年寄が選考し、絞り込んだのち、大奥の意向で最終的に題材が決まり、「附け祭」を出すことに決定した町には、幕府から100両前後の支度金が出されました。各町では、それに加え、地主・家持などの分限者の経済的な負担、旦那衆の音曲・唄、舞踊を習う子供のお披露目なども兼て大々的に取り組みました。
将軍の上覧に与かる名誉が、金銭的な負担を越えて評価された時代だったのです。その「天下祭り」が、どのように行われたか、最も華やかだった文化文政期の「神田祭」の「附け祭」を題材にお話しいたします。
現在の「神田祭」は、神輿中心で出し・練り物はありません。それはどうしてでしょうか。時代の変化にもご注目ください。(講師)

資料代 会員500円 、一般700円

※出席の申込は不要です。

平成30年6月4日

世田谷区誌研究会 会長 新川 陽一