2018年4月 のアーカイブ

世田谷区教育委員会後援 総会と講演会のご案内

2018年4月21日 土曜日

日 時 平成30年5月16日(水)

総 会 午後1時30分~2時10分 予定 (会員のみ)

講演会 2時20分~3時30分       (会員と一般の方)

会 場 烏山区民会館(烏山区民センター内) 3階集会室
     南烏山6-2-19 TEL3326-3511
     (交通)京王線「千歳烏山」駅下車、徒歩2分

演 題 キリシタン禁制と宗門人別改め

(講演要旨)
徳川幕府の恐れたのはキリスト教の繁栄であった。
日本仏教は教義が異常に難しかった。キリスト教は、明るく楽しく万人から愛された。幕府は、邪宗教として厳しく取り締まった。
キリスト教は、悪性の病人を優しくあたたかく介護した。幕府は、村民がキリスト教信者でない証拠として、万人を寺院の檀信徒に強制した。これが寺請制度であり、宗門人別帳である。
ここに寺院の檀信徒制度が確立したのである。

講 師:下山 照夫氏(当会名誉会長)

資料代 会員500円 、一般700円

※出席の申込は不要です

世田谷区後援 史跡散歩~「武蔵野春緑・み仏おはす深大寺」の報告

2018年4月21日 土曜日

コース 深大寺城跡(水生植物園内) -深大寺 -国立天文台

・実施日 平成30年3月29日(木)・

・参加者  合計71名(会員45名、一般26名)

午後12時45分、京王線調布駅の1階広場に集合。

当初、国立天文台から回る予定であったが、深大寺見学時間との関係で、深大寺城跡・深大寺・国立天文台と逆に回ることになった。

路線バスに分乗して、まず水生植物園内にある深大寺城跡へ。城は、第一廓から第三廓に分かれているが、現状から当時の面影を想像するのは難しい。しかし当会濵中顧問から説明を頂き理解を深めることができた。

次いで深大寺では、5班に分かれて、調布市観光協会のガイドさんにお世話になる。平成29年に国宝に指定された「銅造釈迦如来倚像=白鳳仏」をはじめとして、本堂・元三大師堂・鐘楼など寺内のポイントを回りいろいろお話を聞く。

その後歩いて国立天文台へ。2班に分かれて見学。第一赤道儀室は、三鷹の中では一番古い建物とかで、口径20cmの屈折望遠鏡を見学。天文台歴史館では、日本最大の屈折望遠鏡(後継65cm) などなど、技術者の方から専門的に、しかしユーモアを交えた説明を頂戴した。

そして4時半過ぎに現地解散となった。

深大寺城跡

深大寺城跡

深大寺境内

深大寺境内

深大寺本堂

深大寺本堂

国立天文台第一赤道儀室

国立天文台第一赤道儀室