2015年1月 のアーカイブ

古道探査「六郷田無道」後半第1回目を実施

2015年1月14日 水曜日

先に「六郷田無道」第2回目として田無までの踏査報告をしましたが、

今回世田谷から大田区六郷までの後半を踏査することになりました。

そこでその第1日目は平成27年1月12日(月)成人の日に21人の参加の下

世田谷区上町から洗足池までの踏査を実施しました。

途中の史跡等の写真を掲載します。

東急世田谷線上町からスタート   世田谷代官屋敷(世田谷1丁目)

      

常在寺(鶴巻1丁目)       いぼとり地蔵(同所)

      

旧堀之内道より分岐の古道に建つ馬頭観音(駒沢2丁目)

常円寺(駒沢3丁目)       同寺内に建つ世田谷最古の庚申塔

      

鶴が久保公園(野沢2丁目・将軍家光が鷹狩をして鶴を捕獲したところ)

野沢龍雲寺内二本杉地蔵尊・道標(野沢3丁目)

旧鎌倉道に建つ坂内家住宅(国重要登録建造物)

(野沢6丁目)

赤松稲荷神社(大田区南千束1丁目)  出穂山地蔵堂(南千束3丁目)

      

庚申塚・九品仏道道標(南千束3丁目)洗足池池畔の勝海舟墓地

      

当日参加者の集合写真(勝海舟墓地前で)

秋山清太郎さんから頂いた感想文を掲載します

世田谷線上町駅で集合し、ボロ市通り、駒沢公園通りを経由し、いわくありげな細いくねくねした道を通り、駒沢2丁目の五叉路に出た。道端には今でも多くの人が立ち止まって拝む馬頭観音がある。昨年、地元の篤志家により祠が新たにされた(5枚目の写真参照)。もう少し歩くと、246号線と環状7号線の交差する上馬交差点である。この道を品川用水が江戸から昭和まで289年間も流れていた。私は、この辺りを毎日、愛犬と散歩する。70年近く駒沢に住んでいながら、この道が六郷田無道の一部でもあるとは知らなかった。区誌研に入ってよかった、古道歩きの学習会に参加してよかったと思わずにいられない。律令の昔からあったかもしれない古い道なのだ、感動がこみあげてくる。

 

 

 

 

 

 

当日歩いた途中の史跡を掲載します。