‘情報交歓広場’ カテゴリーのアーカイブ

世田谷区後援 「世田谷をもっとよく知ろう」第4回散策会のご報告

2016年11月4日 金曜日

世田谷区の後援のもとに世田谷生涯現役ネットワークプロジェクトが主催して世田谷区誌研究会と世田谷ウオーキングフォーラムが実行する「世田谷をもっとよく知ろう」の第4回散策会がおこなわれました。

この企画は世田谷生涯現役ネットワークプロジェクトの活動の一つとして年1回世田谷区誌研究会が企画して世田谷ウオーキングフォーラムと共に一般の方を対象に参加を募集してご案内するものでありますが今回は60名の募集に対して32名が参加しました。

実施日  平成28年11月4日(金曜日)

集合場所 東急大井町線 等々力駅改札口

参加費  500円(資料代・傷害保険料・五島美術館庭園入園料)

散策予定コース 等々力渓谷―等々力不動―御岳山古墳―真言宗智山派「善養寺」―六所神社―野毛大塚古墳―五島美術館庭園―二子玉川駅   (歩行距離約5キロ)

等々力渓谷入口で会長挨拶  等々力渓谷を歩く参加者

     

等々力渓谷を歩く様子     不動滝で濵中顧問の説明

     

等々力不動本堂前の様子   御岳山古墳で濵中講師の説明

     

善養寺で住職の説明     野毛六所神社での見学の様子

     

濵中顧問の説明を聞く様子

野毛大塚古墳       五島美術館庭園

     

 

世田谷区誌研究会会員出版物の発行ご案内

2016年3月20日 日曜日

当区誌研会員の大塚勝利さんが『玉電と郷土の歴史館写真集』と題した写真集をシニア倶楽部から発刊されましたのでご案内します。

購入ご希望の方は発行元のシニア倶楽部までお申し込みください。

電話:03-3487-6665     FAX:03-3412-4788

IMG_0020

IMG_0021

 

 

世田谷区後援 世田谷生涯現役プロジェクト「世田谷をもっとよく知ろう」第3回報告

2015年11月14日 土曜日

平成27年11月6日(金)世田谷生涯現役ネットワーク企画「世田谷をもっとよくしろう」の第3回が世田谷区誌研究会と世田谷ウオーキングフォーラムとの共催、世田谷区の後援の下総勢56名参加で実施されました。
今回は「松陰神社・豪徳寺・代官屋敷などをめぐる」として松陰神社参詣者駐車場に13時集合

松陰神社宮司の説明の後2班に分かれて吉田松陰墓所、再現された松下村塾、石灯籠等を見学

吉良政忠開基の勝国寺―世田谷城址(吉良氏8代二百数十年間の居城跡)をそれぞれ見学

井伊家菩提寺の豪徳寺ではボランティアガイドの詳細にわたる説明で境内を見学、招き猫伝説でも有名であるが、万延元年(1860)3月3日「桜田門外の変」で水戸藩士によって暗殺された井伊直弼の墓をはじめ井伊家一族の墓所を見学

続いて竹林が美しい吉良治家開基の勝光院では戦時中供出された梵鐘の説明の後徳川時代以降の吉良家墓所見学

そして最後に国重要文化財の世田谷代官屋敷では世田谷郷土資料館学芸員の説明を受けた。

見学終了後世田谷郷土資料館集会室において第1班の説明役を務めて頂いた世田谷区誌研究会顧問で世田谷生涯大学専任講師の濵中正之氏より全般にわたる補足説明があって16時頃解散した。

当日の様子

松陰神社にて

神社駐車場に集合受付     宮司より説明

IMG_3362      IMG_3367

濵中顧問より全体説明      吉田松陰墓所見学

IMG_3368      IMG_3371

松下村塾見学      毛利元昭公の他門下生奉納の石灯籠

IMG_3376      IMG_3377

勝國寺にて         世田谷城址公園での説明の様子

IMG_3380      IMG_3388

 

豪徳寺ではボランティアガイドによって詳しい説明を受けた

山門前にて             本堂前にて

IMG_3392      IMG_3393

井伊家一族の墓所        井伊直弼墓所にて

OLYMPUS DIGITAL CAMERA      IMG_3399

勝光院の見学の様子

本堂前            竹林といわく付の梵鐘が下がる鐘楼

OLYMPUS DIGITAL CAMERA      IMG_3405

吉良家墓所         勝光院よりボロ市通りに向かう参加者

IMG_3406      IMG_3407

世田谷代官屋敷学芸員による説明の様子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

世田谷区立郷土資料館

館内見学の様子     集会室にて濵中顧問より補足説明

IMG_3410      IMG_3412

 

 

 

 

 

 

古道踏査「六郷田無道」後半2回目報告

2015年2月5日 木曜日

古道勉強会では今まで前半2回と後半1回の計3回にわたって踏査を続けてきた六郷田無道の最後のルートである大田区内を歩き終わったので報告します。

平成27年2月2日(月)9時30分東急池上線石川台駅集合、総勢26名が参加した。

今回のメイン見学場所は日蓮宗大本山池上本門寺である。

特に日蓮上人入滅の地とされる大坊を見学してから96段の階段を上がって本堂に参った後、国の重要文化財の五重塔を見学した。

池上から先は蓮沼駅・矢口・道塚・新蒲田・西六郷をひたすら歩いて六郷神社に至り、最後に六郷土手の北野神社で完結した。

以下、当日の写真を掲載します。

石川台駅に集合          雪ヶ谷神社(東雪谷2丁目)

      

雪ケ谷神社内の庚申供養塔群(大田区文化財指定)

庚申塔(東雪谷5丁目)  長慶寺(日蓮上人座像・大田区文化財がある)

      

子安八幡(仲池上1丁目)     池上梅園では数本の梅が花をつけていた

      

日蓮上人入滅の地・大坊本行寺   本町稲荷

      

本門寺山門            国重要文化財の五重塔

      

国有形重要文化財の萬屋酒店    六郷神社

      

六郷神社にて集合写真

「六郷の渡し」の説明       六郷の渡しの跡に建つ北野神社

      

 

古道探査「六郷田無道」後半第1回目を実施

2015年1月14日 水曜日

先に「六郷田無道」第2回目として田無までの踏査報告をしましたが、

今回世田谷から大田区六郷までの後半を踏査することになりました。

そこでその第1日目は平成27年1月12日(月)成人の日に21人の参加の下

世田谷区上町から洗足池までの踏査を実施しました。

途中の史跡等の写真を掲載します。

東急世田谷線上町からスタート   世田谷代官屋敷(世田谷1丁目)

      

常在寺(鶴巻1丁目)       いぼとり地蔵(同所)

      

旧堀之内道より分岐の古道に建つ馬頭観音(駒沢2丁目)

常円寺(駒沢3丁目)       同寺内に建つ世田谷最古の庚申塔

      

鶴が久保公園(野沢2丁目・将軍家光が鷹狩をして鶴を捕獲したところ)

野沢龍雲寺内二本杉地蔵尊・道標(野沢3丁目)

旧鎌倉道に建つ坂内家住宅(国重要登録建造物)

(野沢6丁目)

赤松稲荷神社(大田区南千束1丁目)  出穂山地蔵堂(南千束3丁目)

      

庚申塚・九品仏道道標(南千束3丁目)洗足池池畔の勝海舟墓地

      

当日参加者の集合写真(勝海舟墓地前で)

秋山清太郎さんから頂いた感想文を掲載します

世田谷線上町駅で集合し、ボロ市通り、駒沢公園通りを経由し、いわくありげな細いくねくねした道を通り、駒沢2丁目の五叉路に出た。道端には今でも多くの人が立ち止まって拝む馬頭観音がある。昨年、地元の篤志家により祠が新たにされた(5枚目の写真参照)。もう少し歩くと、246号線と環状7号線の交差する上馬交差点である。この道を品川用水が江戸から昭和まで289年間も流れていた。私は、この辺りを毎日、愛犬と散歩する。70年近く駒沢に住んでいながら、この道が六郷田無道の一部でもあるとは知らなかった。区誌研に入ってよかった、古道歩きの学習会に参加してよかったと思わずにいられない。律令の昔からあったかもしれない古い道なのだ、感動がこみあげてくる。

 

 

 

 

 

 

当日歩いた途中の史跡を掲載します。

世田谷区生涯現役ネットワークプロジェクトが企画する「世田谷をモットよく知ろう」に参画

2014年11月14日 金曜日

平成26年11月7日(金)世田谷区の後援のもとに世田谷区生涯現役ネットワークプロジェクト活動の一環として今回は世田谷区誌研究会がこの企画の主体となり世田谷ウオーキングフォーラムの協力によって実行されました。

世田谷区誌研究会が主体となっての企画は丁度1年前の昨年11月7日に行われた世田谷の小京都烏山寺町散策に続く第2回目として、今回は「世田谷をもっとよく知ろう」をテーマに九品仏浄真寺を中心とした等々力、奥沢地区の史跡を巡る散策会を実施しました。

当日は50名の募集に対して63名の申し込みがありましたが最終参加者は47名で、主催者側役員12名を含む59名での実行となりました。

当日は13時東急大井町線等々力駅集合(駅前は集合場所としてはあまりにも狭いので等々力渓谷入り口のゴルフ橋脇にある広場にて受付)幹事代表中井理事と世田谷区誌研究会新川会長挨拶の後2班に分かれて出発―野毛大塚古墳―満願寺―玉川神社―九品仏浄真寺―宮本美術館―奥沢神社迄約5キロの道のりを見学散策しました。

先ず野毛大塚古墳では世田谷区誌研究会の奥野理事が簡単に説明した後、生涯大専任講師で世田谷区誌研究会 濵中正之顧問の総合解説がありました。

万願寺と玉川神社では奥野理事と高木理事がそれぞれ説明を行いました。

メイン見学場所の九品仏浄真寺では予定していた14時45分丁度に到着、2名の僧侶が待ち受けていてくださり、早速2班に分かれて約1時間にわたって奥沢城の遺構である土塁・仁王門・鐘楼・本堂・三仏堂・閻魔堂の丁寧な解説をしていただきました。九品仏浄真寺は近年敷地内の整備が進んでいて紅葉には少し早かったが京都の寺院を思わせる奥深い雰囲気を味わうことができました。

宮本美術館では時間の都合で当初学芸員の解説を受ける予定がなかったのですが、短時間ではありましたが説明を受けることができました。

最終見学先の奥沢神社は、こんもり茂った木立の中にあって夕暮れが近いことを思わせる雰囲気の中、各自参拝のあと濵中正之顧問から玉川地域に関する総括的なお話をしていただいて16時45分解散となりました。

当日の様子

等々力渓谷入口のゴルフ橋わきで   野毛大塚古墳へ向かう参加者

新川会長の挨拶

      

野毛大塚古墳頂上で奥野理事と    野毛大塚古墳から降りる参加者

濵中顧問の解説を受ける

      

満願寺で奥野理事の説明風景     玉川神社で高木理事が説明

      

九品仏浄真寺で僧侶の案内で     本堂で釈迦如来像の前での

移動する見学者              説明風景

      

熱心に説明を聞く参加者       本堂から移動する見学者

      

三仏堂での説明の様子        閻魔堂での説明の様子

      

宮本美術館に入る見学者       奥沢神社で濵中顧問の解説を受ける

      

 

学習会世田谷の古道「六郷田無道」第2回目のご報告

2014年11月5日 水曜日

平成26年11月3日絶好の晴天の中、学習会で続けてきた世田谷の古道「六郷田無道」を歩く前半2回目を実施しました。

午前9時30分参加17名が京王線調布駅に集合して、バスで前回の到着地三鷹の新川に移動して、柴田勝家の兜塚がある勝淵神社・仙川の水源丸池をスタートした。途中中央線武蔵境駅近くに立ち寄って昼食後到着地まで約9.5キロを踏査して15時30分に柳沢の6角地蔵に到着して2回に分けての踏査を完結して西武新宿線柳沢駅で解散した。

解散後ほとんどの方がバスで吉祥寺に出て帰宅したが、一部参加者で懇親会をして親睦と次回以降の進め方について意見交換を行った。

道中の写真を掲載します。

勝淵神社(三鷹市新川5丁目)  同神社内柴田勝家の兜塚

     

お地蔵さん(新川3丁目)      馬頭観音(新川6丁目)

     

品川用水祠(下連雀8丁目) 禅林寺(下連雀4丁目)太宰治の墓がある

     

八幡大神社(同丁目)        神明社(上連雀7丁目)

     

井口院(同7丁目)          井口院内不動尊像

     

大鷲神社(井口1丁目) 玉川上水から品川用水取入れ口跡(武蔵野市境3丁目)

     

庚申塔(西東京市柳沢4丁目)    馬頭観音(同5丁目)

     

ほうろく地蔵(南町1丁目)      六角地蔵(保谷町4丁目)

     

 

 

学習会 古道NO4 世田谷の筏道

2014年9月23日 火曜日

古道学習会では前回のNO3で六郷田無道の前半を歩きましたがその後異常な暑さが続いたため健康面を配慮して少し軽めの探索コースとして7月11日(金)に世田谷の筏道を歩くことを予定しましたところ、諸般の事情によってこれを延期して本日平成26年9月12日(金)久々に世田谷の筏道を歩きました。

前日の荒れ模様の天気に代わって気温27度ほどで極端な暑さもないなか、今回は18名の参加があり濵中正之顧問によって用意された資料をもらって9時30分集合場所の小田急線喜多見駅を出発して探索に向かった。

今回歩いたコースは喜多見駅を出発して世田谷通りに接する六郷用水二の橋から筏道に入り念仏車と庚申塔、氷川神社を見学してから慶元寺に向かった。氷川神社では当会会員で喜多見在住の佐久間 亨氏が出迎えてくださり当神社に関する説明を詳しくしてくださった。その後慶元寺へ案内してくださりご住職を紹介して頂いた。慶元寺では普段解放していない本堂に上がらせていただきご住職より慶元寺と喜多見氏との関係を詳しく説明頂いたうえ将軍家光以降のご朱印状を特別に拝観させていただいた。

その後大六天古墳、須賀神社、稲荷塚古墳と3か所の古墳を見学して知行院より次大夫堀公園へ入った。筏師の休憩所となった酒屋で小休止の後一旦解散して引き続き探索を続ける人は玉堤通りのマクドナルドで昼食休憩。

昼食後再び筏道に戻って石井家、永安寺、氷川神社(大蔵)、大蔵名主安藤家より丸子川(次大夫堀の下流)を通って岡本民家園のを見学の後二子玉川に出て15時少し前に解散した。要所要所で濵中顧問の解説があり非常に有意義な一日でした。

当日の写真は会員の秋山清太郎氏よりの提供です。

喜多見駅前集合         念仏社と庚申塚

     

氷川神社           普段は入れない境内社に入れていただく

       

同世田谷最古の石鳥居     慶元寺本堂に上がる見学者

     

将軍家光の朱印状        本堂で住職の説明を受ける

     

江戸氏供養塔         大六天塚古墳

     

須賀神社(古墳)       稲荷塚古墳

    

知行院            次大夫堀公園で一旦解散

     

 

 

学習会 古道NO3 六郷田無道を歩く

2014年3月17日 月曜日

前回まで2回にわたって滝坂道を踏査したので、次は六郷田無道を歩くことに決めて3月17日にその第1回目を実施した。

六郷田無道は大田区の六郷から田無に通じていたことははっきりしているが、特に大田区内で今では道中がはっきりしない部分もあるため正確に元をたどるのは困難との見方がある。

今回は世田谷区上町からスタートして三鷹までを踏査した。

道中に残る庚申塔や神社を記録したので掲載した。

桜・庚申塔            桜・地蔵尊と六郷田無道

     

桜・満桜稲荷神社         桜丘・農大裏の庚申塔

     

千歳船橋・菅刈橋跡        千歳船橋・稲荷森稲荷神社

     

稲荷森稲荷横庚申塔で古老に聞く   千歳船橋駅ガード下・品川用水土手跡

     

千歳船橋・稗穀橋供養塔     千歳船橋・船橋神明社

     

祖師谷・庚申塔         祖師谷・榎庚申塔

     

祖師谷・長他稲荷        三鷹・八幡神社

     

三鷹・北野庚申堂        三鷹・新川庚申塔

     

 

学習会 NO2 

2014年2月4日 火曜日

 

昨年年末の12月26日に実施した滝坂道前半の踏査に引き続いて1月23日に後半の小田急線経堂駅前から仙川までの踏査を行い京王線つつじヶ丘駅で解散しました。当日の写真を掲載します。

当日出発点になった経堂駅前すずらん通り  経堂小学校

         

協同組合教育発祥の地           船橋6丁目辺り区画整理で古道が消えてしまった

         

八幡山1丁目の八幡社           明大グランドの先は切通し

         

昔ゴミ捨て場今は船橋清掃工場       希望が丘公園にて

         

廻沢北遺跡の上にある千歳台小学校    上祖師谷2丁目にあった富士見小路石塔

         

上祖師谷2丁目にあった馬頭観音     祖師谷公園・神明社

         

庚申塚                 千川で甲州街道を右に入る道が滝坂道

         

馬宿跡               末裔が住んでいる

          

薬師如来              滝坂小学校