‘総会・その他’ カテゴリーのアーカイブ

総会と世田谷区教育委員会後援講演会のご報告 

2017年5月19日 金曜日

総会と世田谷区教育委員会後援の講演会のご報告をいたします

総会 平成29年5月19日(金)午後1時30分~2時00分

世田谷区太子堂2-16-7 TEL3411-6636

三茶しゃれなあどホール  (世田谷区民会館別館)  オリオン(5階)において会員46名が参加して総会が開かれました。

総会に引き続き午後2時30分~13時30分

高嶋修一氏(青山学院大学経済学部教授)により

土地整理がもたらした現代社会」と題して下記趣旨の講演会は46名の参加があって開かれました。

講演要旨

両大戦間期の都市化においては、鉄道会社による開発の重要性がよく強調される。しかし近郊農村は無人の荒野だったわけではなく、そこには在来の地域社会秩序と人々の暮らしがあった。そして人々は鉄道会社の進出を拱手して見ていた訳ではなく、自らも開発利益を得ようと積極的な動きをみせた。その手段が、土地整理(耕地整理/土地区画整理)だったのである。

土地整理の結果、在来の人々が農業を止めて貸家経営を行うようになったり、整理後の土地にサラリーマンなど「新中産階級」と呼ばれた人々が流入したりしてくれば、従来の社会秩序は変容を余儀なくされる。それは明治期に形成された「近代社会」から、「現代社会」への変化とも総括され得るものであり、土地整理は近郊農村にとって重要な歴史的意義をもつ出来事であった。

今回は、とりわけ世田谷区域で行われた玉川全円耕地整理事業に注目し、事業がいかなる意味で地域社会を「現代」化させたのかを論じることとする。

資料代   会員500円 、一般700円

当日の様子

会長挨拶の様子

IMG_0487-2

 

熱心に講演をする高嶋修一講師

IMG_0520

 

会場の様子

IMG_0490-2

総会と(世田谷区教育委員会後援)講演会のご報告

2016年5月14日 土曜日

 

平成28年5月13日(金)午後1時30分より烏山区民会館 3階集会室(烏山区民センター)にて

総会と講演会が下記のとおり行われましたのでご報告します。

総 会  午後1時30分~2時30分   総会出席会員69名

講演会  午後2時30分~4時       講演会出席者75名(会員69名、一般参加者6名)

講 師   下山照夫氏 (当会・名誉会長)

演  題  旗本吉良

(要旨) 中世、世田谷領主八代吉良氏朝は天正18年(1590)、小田原征伐にさいし、徳川家康に降伏した。その子頼久は初代旗本で蒔田を名乗り、徳川氏より千葉県長生郡睦合村に知行地1125石を与えられた。その子義祇、義勝、義成,

五代義俊の時世に幕府より蒔田姓から吉良姓に復し、かつ高家を仰付けられた。

かくて吉良義発、義方十一代義常は大島家より養子に入ったが子孫なく絶家となったので、旧家臣団の鈴木家の娘花子が名跡をついでいる。墓所は勝光院。

講師所蔵の貴重な「旗本吉良の古文書」の展示がありました。

総会の様子

新川会長の挨拶       市川理事決算報告

_MG_8289    02市川理事(決算報告)

中村監査より監査報告    内山副会長より事業計画発表

03中村監査役(監査報告)    04内山副会長(事業計画提案)

役員紹介の様子      総会議題は拍手を持って承認可決

_MG_8322    05議案を拍手で承認

引き続き行われた下山名誉会長による講演会の様子

講師下山名誉会長紹介   講演中の下山講師

06内山副会長(下山名誉会長を紹介)    _MG_8359

熱心に講演聞く会場の様子  資料見学の様子

_MG_8359    IMG_0117

 

 

 

 

 

 

世田谷区後援 世田谷生涯現役プロジェクト「世田谷をもっとよく知ろう」第3回報告

2015年11月14日 土曜日

平成27年11月6日(金)世田谷生涯現役ネットワーク企画「世田谷をもっとよくしろう」の第3回が世田谷区誌研究会と世田谷ウオーキングフォーラムとの共催、世田谷区の後援の下総勢56名参加で実施されました。
今回は「松陰神社・豪徳寺・代官屋敷などをめぐる」として松陰神社参詣者駐車場に13時集合

松陰神社宮司の説明の後2班に分かれて吉田松陰墓所、再現された松下村塾、石灯籠等を見学

吉良政忠開基の勝国寺―世田谷城址(吉良氏8代二百数十年間の居城跡)をそれぞれ見学

井伊家菩提寺の豪徳寺ではボランティアガイドの詳細にわたる説明で境内を見学、招き猫伝説でも有名であるが、万延元年(1860)3月3日「桜田門外の変」で水戸藩士によって暗殺された井伊直弼の墓をはじめ井伊家一族の墓所を見学

続いて竹林が美しい吉良治家開基の勝光院では戦時中供出された梵鐘の説明の後徳川時代以降の吉良家墓所見学

そして最後に国重要文化財の世田谷代官屋敷では世田谷郷土資料館学芸員の説明を受けた。

見学終了後世田谷郷土資料館集会室において第1班の説明役を務めて頂いた世田谷区誌研究会顧問で世田谷生涯大学専任講師の濵中正之氏より全般にわたる補足説明があって16時頃解散した。

当日の様子

松陰神社にて

神社駐車場に集合受付     宮司より説明

IMG_3362      IMG_3367

濵中顧問より全体説明      吉田松陰墓所見学

IMG_3368      IMG_3371

松下村塾見学      毛利元昭公の他門下生奉納の石灯籠

IMG_3376      IMG_3377

勝國寺にて         世田谷城址公園での説明の様子

IMG_3380      IMG_3388

 

豪徳寺ではボランティアガイドによって詳しい説明を受けた

山門前にて             本堂前にて

IMG_3392      IMG_3393

井伊家一族の墓所        井伊直弼墓所にて

OLYMPUS DIGITAL CAMERA      IMG_3399

勝光院の見学の様子

本堂前            竹林といわく付の梵鐘が下がる鐘楼

OLYMPUS DIGITAL CAMERA      IMG_3405

吉良家墓所         勝光院よりボロ市通りに向かう参加者

IMG_3406      IMG_3407

世田谷代官屋敷学芸員による説明の様子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

世田谷区立郷土資料館

館内見学の様子     集会室にて濵中顧問より補足説明

IMG_3410      IMG_3412

 

 

 

 

 

 

総会と世田谷区教育委員会後援「講演会」報告

2015年5月15日 金曜日

総会と世田谷区教育委員会後援の講演会が開催されました。

総会と講演会開催日   5月15日(金)

会  場  世田谷区民会館別館(三茶しゃれなあど) 5階会議室(オリオン)

総 会 午後13時30分~14時30分

会員65名の出席の下で行われました。

総会では平成26年度の事業報告と会計報告が行われ承認されました。

引き続き平成27年度事業計画と予算案が上程され何れも承認可決されました。

最後に新川会長より2期目に入った理事と監査全員の紹介がありました。

総会終了後

午後14時45分~16時00分

半澤健市氏(歴史民俗資料学博士)による 「戦後70年とは何であったのか」と題する講演会がありました。

出席者は一般参加者を含め72名でした。

当日の様子

受付の様子           奥野副会長の司会

IMG_3190     IMG_3192-2

会長挨拶             内山理事の事業報告

IMG_3196-2     IMG_3203

市川理事の会計報告      中村・赤羽両監査の監査報告

IMG_32002-2      IMG_3202

熱心に半澤講師の講演を聞く参加者

IMG_3206      IMG_3208-2

 

 

 

 

 

世田谷区生涯現役ネットワークプロジェクトが企画する「世田谷をモットよく知ろう」に参画

2014年11月14日 金曜日

平成26年11月7日(金)世田谷区の後援のもとに世田谷区生涯現役ネットワークプロジェクト活動の一環として今回は世田谷区誌研究会がこの企画の主体となり世田谷ウオーキングフォーラムの協力によって実行されました。

世田谷区誌研究会が主体となっての企画は丁度1年前の昨年11月7日に行われた世田谷の小京都烏山寺町散策に続く第2回目として、今回は「世田谷をもっとよく知ろう」をテーマに九品仏浄真寺を中心とした等々力、奥沢地区の史跡を巡る散策会を実施しました。

当日は50名の募集に対して63名の申し込みがありましたが最終参加者は47名で、主催者側役員12名を含む59名での実行となりました。

当日は13時東急大井町線等々力駅集合(駅前は集合場所としてはあまりにも狭いので等々力渓谷入り口のゴルフ橋脇にある広場にて受付)幹事代表中井理事と世田谷区誌研究会新川会長挨拶の後2班に分かれて出発―野毛大塚古墳―満願寺―玉川神社―九品仏浄真寺―宮本美術館―奥沢神社迄約5キロの道のりを見学散策しました。

先ず野毛大塚古墳では世田谷区誌研究会の奥野理事が簡単に説明した後、生涯大専任講師で世田谷区誌研究会 濵中正之顧問の総合解説がありました。

万願寺と玉川神社では奥野理事と高木理事がそれぞれ説明を行いました。

メイン見学場所の九品仏浄真寺では予定していた14時45分丁度に到着、2名の僧侶が待ち受けていてくださり、早速2班に分かれて約1時間にわたって奥沢城の遺構である土塁・仁王門・鐘楼・本堂・三仏堂・閻魔堂の丁寧な解説をしていただきました。九品仏浄真寺は近年敷地内の整備が進んでいて紅葉には少し早かったが京都の寺院を思わせる奥深い雰囲気を味わうことができました。

宮本美術館では時間の都合で当初学芸員の解説を受ける予定がなかったのですが、短時間ではありましたが説明を受けることができました。

最終見学先の奥沢神社は、こんもり茂った木立の中にあって夕暮れが近いことを思わせる雰囲気の中、各自参拝のあと濵中正之顧問から玉川地域に関する総括的なお話をしていただいて16時45分解散となりました。

当日の様子

等々力渓谷入口のゴルフ橋わきで   野毛大塚古墳へ向かう参加者

新川会長の挨拶

      

野毛大塚古墳頂上で奥野理事と    野毛大塚古墳から降りる参加者

濵中顧問の解説を受ける

      

満願寺で奥野理事の説明風景     玉川神社で高木理事が説明

      

九品仏浄真寺で僧侶の案内で     本堂で釈迦如来像の前での

移動する見学者              説明風景

      

熱心に説明を聞く参加者       本堂から移動する見学者

      

三仏堂での説明の様子        閻魔堂での説明の様子

      

宮本美術館に入る見学者       奥沢神社で濵中顧問の解説を受ける

      

 

総会と世田谷区教育委員会後援の講演会のご報告

2014年5月29日 木曜日

総会と世田谷区教育委員会後援の講演会が開催されましたのでご報告します。

日  時  5月21日(水)

会  場  世田谷区民会館別館(三茶しゃれなあど) 5階会議室(オリオン)

総会は会員58名参加の下午後1時30分より会員のみにて行い平成25年度活動報告・会計報告と平成26年度活動計画・予算案は原案通り可決承認されました。

横山会長が健康上の理由によって退任届けが出されたため後任に新川副会長が会長に選任されました。

これと同時に会計の内山理事と見学担当の奥野理事が副会長に就任しました。

これに伴って会計は内山理事に代わって市川理事と中井理事が、総務を市川理事に代わって高木理事が担当することになりました。

引き続き午後2時30分から一般参加の方を含め61名が参加して講演会が開催されました。

演  題  高幡不動胎内文書と関東南北朝の動乱

講  師  大庭光治氏(世田谷区誌研究会 元副会長)

大庭講師には平成20年4月に見学会で、又同年6月には講演会の講師として講演をいただいて以来6年ぶりの講演会でした。

とても89歳とは思えないかくしゃくとしたご様子での講演会でした。

当日の写真を掲載します。

会場受付の様子         新川副会長総会開会挨拶

      

総務市川理事の活動報告       内山理事の会計報告

      

監査報告をする中村監査      総会の様子

     

就任挨拶をする新川新会長    大庭講師を紹介する内山新副会長

      

講演中の大庭講師                                 熱心に講演を聞く参加者

       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学習会 古道NO3 六郷田無道を歩く

2014年3月17日 月曜日

前回まで2回にわたって滝坂道を踏査したので、次は六郷田無道を歩くことに決めて3月17日にその第1回目を実施した。

六郷田無道は大田区の六郷から田無に通じていたことははっきりしているが、特に大田区内で今では道中がはっきりしない部分もあるため正確に元をたどるのは困難との見方がある。

今回は世田谷区上町からスタートして三鷹までを踏査した。

道中に残る庚申塔や神社を記録したので掲載した。

桜・庚申塔            桜・地蔵尊と六郷田無道

     

桜・満桜稲荷神社         桜丘・農大裏の庚申塔

     

千歳船橋・菅刈橋跡        千歳船橋・稲荷森稲荷神社

     

稲荷森稲荷横庚申塔で古老に聞く   千歳船橋駅ガード下・品川用水土手跡

     

千歳船橋・稗穀橋供養塔     千歳船橋・船橋神明社

     

祖師谷・庚申塔         祖師谷・榎庚申塔

     

祖師谷・長他稲荷        三鷹・八幡神社

     

三鷹・北野庚申堂        三鷹・新川庚申塔

     

 

学習会 NO2 

2014年2月4日 火曜日

 

昨年年末の12月26日に実施した滝坂道前半の踏査に引き続いて1月23日に後半の小田急線経堂駅前から仙川までの踏査を行い京王線つつじヶ丘駅で解散しました。当日の写真を掲載します。

当日出発点になった経堂駅前すずらん通り  経堂小学校

         

協同組合教育発祥の地           船橋6丁目辺り区画整理で古道が消えてしまった

         

八幡山1丁目の八幡社           明大グランドの先は切通し

         

昔ゴミ捨て場今は船橋清掃工場       希望が丘公園にて

         

廻沢北遺跡の上にある千歳台小学校    上祖師谷2丁目にあった富士見小路石塔

         

上祖師谷2丁目にあった馬頭観音     祖師谷公園・神明社

         

庚申塚                 千川で甲州街道を右に入る道が滝坂道

         

馬宿跡               末裔が住んでいる

          

薬師如来              滝坂小学校

          

 

 

平成26年度会費納入のお願い

2014年1月31日 金曜日

平成26年度会費(年2,000円)納入について(お願い)

 余寒の候、皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。

 さて、4月に新年度を迎えますが、皆様には平成26年度(26年4月~27年3月)も当会会員としてご継続下さいますよう、そして下記内容にて会費をお支払い頂きますようお願い申し上げます。

会は、会員の皆様にお納め頂く会費で運営されております。お手数をお掛けしまして誠に申し訳ございませんが、会員継続についてご理解、ご協力を頂きますよう重ねてお願い申し上げます。

※同封の振込用紙でお振込みください。振込手数料(120円)は会で負担します。

※もし赤い振込用紙が同封されていなかった場合は、申し訳ありませんが,

 下記口座番号でお振込みくださるようお願い申し上げます。その場合は、

本状を郵便局にお示しください。振込手数料を、会で負担する証明になります

(郵便局)口座番号=00120-5-51196

加入者名=世田谷区誌研究会   ・金額=2,000円

 追記

 1.26年度会費をすでに納入済みの場合は、誠に申し訳ありませんが、下記  

  窓口までお知らせ願います。当方の手違いをお詫び申し上げます。

 2.何かご事情がありますときは、お手数でも下記窓口へ電話またハガキで

  ご連絡頂きますよう、お願い申し上げます。

 3.会費はお早めに、遅くとも5月末までにお納め頂きますよう、重ねてお願

  い申し上げます。

 4.3月7日の講演会でも、会費の受付をいたします。同封の振込用紙にお名

前を書いてご持参ください。

講演会・史跡散歩のご案内を同封しておりますので、よろしくお願いいたします。

       平成26年2月7日   

世田谷区誌研究会  会長 横山精太郎

           ◎担当窓口 (会計) 内山昌玄 3421-6833

                     154-0011 上馬4-11-3 

学習会報告 NO1

2014年1月4日 土曜日

平成25年7月機関誌「せたかい」65号配布の時に学習会に関するアンケートを募集したところ10名の会員の方から回答があった。

このアンケートの結果を受けて、9月6日に第1回目の顔合わせ会を世田谷がやがや館で行った。当日はアンケート回答者7名と事務局から5名が出席して、学習会の目的を会員同士の意見交換を通じて歴史愛好家としてレベルアップの場とすることを決めた。そして各人が持っている関心課題を集約してこの中から1~2件を研究テーマに決めて、毎月1回集まって意見交換をすることにした。

これまで4回開かれた会合で「世田谷の古道」を今後の研究テーマの軸にすることを提案したが、この時「玉川用水」も古道との関わりがあるので研究テーマに加えたいとの意見もあったので結局「品川用水」と「世田谷の古道」を学習テーマにする方向で意見が集約された。そしてこれまでは各人が持っている知識や考え方の披瀝と意見交換が続いたので、これからは研究の場へと一歩すすめることとして、ほぼ集約されたテーマを一旦『古道』と『品川用水』の二つに絞ることにした。しかし「品川用水」の研究についてはメンバーの中で既に或るレベルに達していてそのメンバーで研究を続けられるので、用水を古道の一形態とみて、学習会のテーマは「世田谷の古道」一本に集約することに決定した。

古道研究のリーダーとして濵中顧問が就任し馬場会員がサブリーダーとなり本格的な活動が開始されることになった。事務局は従来通り区誌研究会理事が担当する。

このような経緯を経て『世田谷の古道』をテーマに選定したが、さらに具体的な詳細テーマとして『滝坂道』が取り上げられた。この研究に先だって実地検証として「滝坂道実地検分」を実施することになった。 

平成25年12月26日「滝坂道実地検分」が会員と事務局総勢14名参加の下で行われた。当日は午前10時に京王線渋谷駅中央改札口に集まってから道玄坂上交番前まで移動して、ここを起点としてほぼ中間地点に近い経堂駅までの約7キロを3時間かけて踏破した。途中若林近くで昼食休憩をとったために経堂駅到着は午後2時を回っていた。

一旦解散後駅近くで反省会をした。その席上折角道半ばまで歩いたのでできるだけ早く後半を歩こうということになり、年明け後の1月23日に経堂駅から先を歩くことになった。 

以下に滝坂道道中にその面影をしのばせる写真を掲載します

石橋供養塔          松見坂不動尊

     

駒場野公園           〆切地蔵

      

淡島通り             筑波大学付属駒場中高校

      

騎兵第一聯隊跡(慰霊碑)     北沢川緑道(烏山川との分岐点)

      

北沢川と淡島通の交差地点の地蔵尊  太子堂中学校プール建物の壁画

       

世田谷区役所跡(現・環7コジマ若林店) 松原宿跡